トップページ > 在庫情報
在庫情報
「素材」としての中古車

店頭で販売されている中古車は、その時点では完成品ではありません。料理でいうなら「素材」です。
素材も1台、1台全てが違うコンディションで入庫してきます。最近では、仕入れた素材をほとんど手を入れず、そのまま提供するショップが増えていますが、これではシヨップで購入する意味がありません。
ロッソコルサでは、素材をそのままお出しするようなことはいたしません。それは、ラテン車のプロである私達が、素材を一番おいしく召し上がっていただく調理方法を知っているからです。素材のコンディションを見極めて、一番おいしいく召し上がっていただけるように調理をして、一つの「料理」として完成させてご提供させていただきます。
素材の持っている「味」を堪能していただけるように、ラテン車が大好物な私達が、腕によりをかけて仕上げた愛すべきラテン車達をご賞味ください!

ロッソコルサでは、ほとんどの車をユーザーからの直接買い取りで仕入れています。
その為、オークションや業販と比べて中間マージンをカットできます。カットした分をしっかり整備費用にあて徹底的に整備したうえで御納車させていただいております。

フィアットアバルト グランデ プント
ベースグレード
売約御礼
フィアット アバルト グランデ プント border=
ABARTHグランデプントのベースグレードが入庫しました!
フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント
フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント フィアット アバルト グランデ プント
■車両詳細情報
年式: 2009(平成21)年式
走行距離: 56245km
車検: 2年付き
車輌: ディーラー車
色: ホワイト
リサイクル区分: 済別
排気量: 1400cc
ミッション: マニュアル
ハンドル:
駆動: 2WD
燃料: ガソリン
修復歴: なし
車台番号下3桁:803
■オプション
エアコンパワステパワーウィンドウABSエアバッグWエアバッグCDキーレスエントリー集中ドアロックアルミホイール盗難防止機能記録簿付き修復無し
ABARTH Grande Punto
09年式 車検2年付き ホワイト 56,230km ディーラー車
装備(左ハンドル 6Fマニュアル FULL CDデッキ Wエアバック サイドエアバック サイドインパクトバー ABS EBD(電子制動力配分装置) ESP(ASR/MSR/HBA/ASR-OFFスイッチ付き) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 本革巻きステアリング 17インチアルミホイール ブレンボ4PODモノブロックキャリパー(フロント)、他

※希少車!
※納車整備付(24ヶ月点検+α)
※保証付き販売(3ヶ月、3,000km)
【車輌データ】
全長(mm):4,060 全幅:1,725 全高:1,480 ホイールベース:2,510
トレッド前/後(mm):1,480/1,475 最低地上高:
車両重量(kg):1,240 車両総重量:1,460
乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):---
新車価格(円):2,700,000-(税別)
【エンジンデータ】
種類:直列4気筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ
総排気量(cc):1,368
ボア×ストローク(mm):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1
最高出力(ps/rpm)(DIN):155/5,500
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):20.5/5,000 燃料タンク容量(L):45
駆動方式:FF
ミッション形式:6速フロアマニュアル タイヤサイズ:215/45R17
【整備内容】
法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・増し締め、エンジン廻り点検調整、タイミングベルト類及びテンショナー類点検又は交換、ウォーターポンプ点検又は交換、ブレ-キ廻り分解点検、各ブッシュ、マウント、ブ-ツ類点検又は交換、足廻り点検、駆動系点検、フロントタイヤ2本新品交換(ミシュラン/パイロットスーパースポーツ)、油脂類点検交換(エンジン、ミッショントランスファ-、ブレ-キ、パワステ、クラッチ、冷却水)、他
【お店から一言】
ABARTHグランデプントベースグレードが入庫しました!先日は「esseesse」が入庫したのですが、あっと言う間に売約済みに!ABARTHグランデプント自体の流通量が極端に少ないので、狙っている方は常にアンテナを張り巡らせていらっしゃるようですね!

「esseesse」ほど過激ではありませんが、最近の「あれ?いつからターボが効いてるの?」というような「eco」目的のへなちょこターボとは違う「速く走る」為のターボ車らしい加速が存分に味わえます!こちらのほうがシャーシとエンジンパワーのバランスが良く、誰にでも安心してお乗り頂ける車に仕上がっています!そして、さらにスポーツカーらしい走りに欠かせない6速クロスミッション!シフト操作が楽しくなります!シフトと言えば、どうも節度感の乏しいイメージがあるラテン車のシフトですが、このABARTHグランデプントに限っては別!適度な節度感のあるシフトも操作していて気持ちいいです!

17インチが標準サイズですが、入庫時にタイヤの前後銘柄が違っていて、リアのピレリPゼロの2本は交換時期に。フロント2本が製造時期「2511」、残り溝が約6mmの「ミシュラン/パイロットスーパースポーツ」でしたので、賞味期限切れのピレリをリアと同じ「ミシュラン/パイロットスーパースポーツ」に交換して前後をローテーションしました。これで当分はタイヤ交換の心配はありませんね!

「速さ」だけではなくそれに見合ったシャーシ、さらには「止まる」ための「ブレンボ製」モノブロック4PODキャリパーがしっかりインストールされストッピングパワーにも抜かりはありません!メーカーの本気度が伺えますね!効き味は最近の「カックンブレーキ」とは違い、微妙な調整も可能な安心感バツグンのフィーリングを約束してくれます!

販売当時、何故かABARTH500よりもABARTHグランデプントのほうが安かったのですが、両車を乗り比べて思ったのは「この価格、逆じゃやないの?」という素朴な疑問。率直に言って、車の出来が全然違う!その後、新車価格は逆転したことは、皆さんもご存じのことと思います。

車の完成度はABARTH500のほうが低いのですが、そこがチューニングを楽しみたい人にはもってこいのベース車両になり、完成度の高いABARTHグランデプントは、そのままで高次元の走りを満喫できるポテンシャルを持っているのと同時に実用的なリアシートのお陰で普段使いの実用車としても十分に通用する車なんです。

家族持ちでも「スポーツカーに乗りたい!」という貴方!そういう方にこそ、このABARTHグランデプントに乗って頂きたい!絶対に後悔させない自信があります!
PAGE TOPへ