トップページ > 在庫情報
在庫情報
「素材」としての中古車

店頭で販売されている中古車は、その時点では完成品ではありません。料理でいうなら「素材」です。
素材も1台、1台全てが違うコンディションで入庫してきます。最近では、仕入れた素材をほとんど手を入れず、そのまま提供するショップが増えていますが、これではシヨップで購入する意味がありません。
ロッソコルサでは、素材をそのままお出しするようなことはいたしません。それは、ラテン車のプロである私達が、素材を一番おいしく召し上がっていただく調理方法を知っているからです。素材のコンディションを見極めて、一番おいしいく召し上がっていただけるように調理をして、一つの「料理」として完成させてご提供させていただきます。
素材の持っている「味」を堪能していただけるように、ラテン車が大好物な私達が、腕によりをかけて仕上げた愛すべきラテン車達をご賞味ください!

ロッソコルサでは、ほとんどの車をユーザーからの直接買い取りで仕入れています。
その為、オークションや業販と比べて中間マージンをカットできます。カットした分をしっかり整備費用にあて徹底的に整備したうえで御納車させていただいております。

アルファロメオ156スポーツワゴン
2.5 24V Qシステム
売約御礼
アルファロメオ 156スポーツワゴン border=
当社販売・管理車両!156SW V6 Qシステムが入庫しました!
アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン
アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン
■車両詳細情報
年式: 2001(平成13)年式
走行距離: 77287km
車検: 2年付き
車輌: ディーラー車
色: レッド
リサイクル区分: 済別
排気量: 2500cc
ミッション: オートマ
ハンドル:
駆動: 2WD
燃料: ガソリン
修復歴: なし
車台番号下3桁:686
■オプション
エアコンパワステパワーウィンドウABSエアバッグWエアバッグCDETCサンルーフキーレスエントリー集中ドアロック本革シートアルミホイール盗難防止機能記録簿付き修復無し
ALFAROMEO 156 SW V6 24V Q-SYSTEM
01年式 車検2年付 ロッソアルファ 走行距離77,287km ディ-ラ-車
装備(4AT 右ハンドル FULL CL リモコンキー ABS Wエアバック サイドエアバック CDデッキ
ブラックレザーシート AW ETC スライディングルーフ ルーフレール)
※当社販売・管理車両!
※入庫時オルタネーター、センターサイレンサー新品交換済み!
※希少!ブラックレザ-!スライディングルーフ!ルーフレール付き!
※納車整備時タイヤ4本新品交換サービス!
※納車整備付(24ヶ月点検+α)
※保証付き販売(3ヶ月、3000km)
【車輌データ】
全長(mm):4,430 全幅:1,755 全高:1,415 ホイールベース:2,595
トレッド前/後(mm):1,510/1,500 最低地上高:140
車両重量(kg):1,470 車両総重量:1,745
乗車定員(名):5 トランク容量(L):378 最小回転半径(m):5.8
新車価格(円):4,290,000円(税抜き)
【エンジンデータ】
種類:V型6気筒DOHC24V 総排気量(cc):2,492
ボア×ストローク(mm):88.0×68.3 圧縮比:10.3:1
最高出力(ps/rpm)(DIN):190/6,300
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):22.6/5,000 燃料タンク容量(L):63 駆動方式:FF
ミッション形式:マニュアルモード付4速電子制御式オートマティック タイヤサイズ:205/55R16
【前回納車整備内容】
平成24年10月23日(67,982km時)
法定24ヶ月点検一式、下廻り点検・締め付け、ブ-ツ、ブッシュ、マウント類点検、
タイミングベルト廻り全交換(タイミングベルト、タイミングベルトテンショナー、タイミングベルトアイドラー×2、ドライブベルト、
ドライブベルトテンショナー、ドライブベルトアイドラー×2、ウォーターポンプ)、サーモスタット交換、エアマスセンサー交換、
スパークプラグ交換、ヘッドカバーパッキン(前後)・プラグホールガスケット交換、ブレーキ廻り点検、
フロントブレーキパッド・フロントブレーキローター・リアブレーキパッド・リアブレーキローター全交換、
リアスタビライザー・リアスタビライザーエンドロッド交換、マフラー吊りゴム全交換、フロントパイプステーブッシュ交換、
エンジンロアマウント交換、エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、クーラントオイル交換、
ブレーキフルード交換、パワーステアリングフルード交換、エアクリーナーエレメント交換、前後ワイパー交換、フロントタイヤ2本交換、他
【前々回1年点検備内容】
平成25年11月1日(70,995km時)
法定12ヶ月点検一式、ブーツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、
クーラントブースター添加、ブレーキフルード交換、他
【前回車検備内容】
平成26年10月21日(73,640km時)
法定24ヶ月点検一式、ブーツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジン廻り点検、水温センサー交換、駆動系点検、
ブレーキ廻り点検、エンジンオイル交換、エンジンオイルエレメント交換、クーラントオイル交換、ブレーキフルード交換、
バッテリー交換、フロントエンブレム交換、他
【前回1年点検備内容】
平成27年10月19日(75,492km時)
法定12ヶ月点検一式、ブーツ、ブッシュ、マウント類点検、エンジン廻り点検、駆動系点検、ブレーキ廻り点検、エンジンオイル交換、
クーラントブースター添加、マフラー吊りゴム交換(1ヶ所)、他
【整備内容】
法定24ヶ月点検一式、エンジン点検調整、ブレ-キ廻り点検・調整、各マウント、ブッシュ類点検又は交換、各ホ-ス類点検又は交換、
タイミングベルト及びテンショナ-ベアリング点検又は交換、他ベルト及びテンショナ-、ウオ-タ-ポンプ、
エアクリーナーエレメント点検又は交換、プラグ点検又は交換、油脂類点検・交換(エンジン、トルコン、ブレ-キ、パワ-ステアリング、
冷却水)、エンジンオイルエレメント点検又は交換、ワイパーブレード点検又は交換、バッテリー点検又は交換、前後エンブレム点検又は交換、
タイヤ4本交換、他
【お店から一言】
当社販売・管理車両の156SW V6 Qシステムが入庫しました!極々初期モデルにしか存在しなかったスライデュングルーフと
ルーフレールがついたかなり希少なモデルです!もちろんV6エンジン搭載車ですから室内はレザー内装!何とも贅沢な仕様の156SWです!

それまでの145,155の時代には164でしか存在しなかった「オートマ」のアルファロメオ!ツインスパークエンジン搭載車には
「セレスピード」との組み合わせですが2.5LのV6エンジンには熟成されたトルコン式の「4速AT」が組み合わせられています。
オートマ免許でも乗ることが出来るアルファロメオとして市場に迎えられた156及び156SWは家族からのお許しも得られて
長年の夢を叶えたお父さんも少なくなかったのではないでしょうか。

沢山の魅力が散りばめられた156SWですが、個人的に1番の魅力を言うとなんと言っても贅沢な2.5L、DOHC、24V、のV6エンジンだと断言します!
単純なカタログスペックでは他メーカーのV6エンジンに対してアドバンテージがあるわけではありませんが、
その気持ち良さには高級車のエンジンでもないと勝負にならないほど!特に高速道路を走っているときには気持ちまで余裕が出てくるから不思議ですね。

その次は、なんと言ってもその外観です!アルファロメオの長い歴史の中では幾多の美しい車たちが誕生しましたが、
新しい車にあっても「モダン」と「クラシック」を取り入れた見事なまでのデザインに昇華させています。
誕生からすでに15年の時が経とうとしていますが時間の経過とともに古臭くなっていくどころか年々その美しさが際立ってきました。
さらにベースのセダンのデザインを壊さず美しいワゴンデザインを実現するところはさすがイタリアの生んだ車なんだと感服させられます。

156が先代の155よりも一番力を入れたところが足廻りです。145,155の頃の単純なストラット構造(けしてこれも悪くはないのですが・・・)を
ストロークをたっぷりと与えられた凝った造りのサスペンションに変えたお陰でかなり乗り心地の良い身のこなしを手に入れました。
そういう意味ではむやみに車高を下げたりホイールをインチアップする前に「素」の状態を味わって頂きアルファロメオというメーカーが
どうしてこのような足廻りにしたのかを考えて頂ければ嬉しい限りです。

内装も忘れてはいけません。時代がどんどん流れていき各メーカーの個性が薄くなっていくばかりですが大切なのは
どこにメーカーのアイデンティティーが出ているか?だと思うのです。運転中は美しいデザインを見ることは
ショーウインドーにでも写らない限り難しいオーナーさんにとって室内空間は自分がアルファロメオに乗っていることを
実感させてくれる大切な空間です。
シンプルな3本スポークデザインのレザーステアリングを握ると目の前には「スピード」と「タコ」の2連メーターが目に飛び込んできます。
これはスポーツカーメーカーとしてのアルファロメオの主張だと思うんです。オートマチックでも貴方が乗っているのは
紛れもないアルファロメオなんですよ!と車が主張しているんですね。なにもスピードを出せとは言いませんがやはり
アルファロメオのオーナーたるもの運転にもその自覚があってしかるべきだと思うのですが私の考えすぎでしょうか?

実際に走ってみると、2.5LのV6エンジンは、マニュアルよりもオートマのほうが相性が良いですね!
低速トルクの恩恵がしっかり感じられるところは、この贅沢なエンジンを味わうのにもってこい!
シフトチェンジが楽しめる「マニュアルモード」にすれば、より自分の意思で156をコントロールできます!
ETCも装着済み!やっぱりETCは必須ですね!

前回の納車整備時にタイミングベルト廻りもウォーターポンプを含めて全て交換済みですが今回の納車整備でも抜かりのなく
「ロッソコルサ仕上げ」を実施して安心してお乗り頂けるコンディションにてご納車させていただきます!

この車の最大の魅力は何と言っても贅沢なV6エンジン!そのエンジンを、この価格で味わうことができるのも、今だからこそですよね。
そして、忘れてはいけないのが独特の「エキゾーストノート」!昔から「アルファサウンド」とか「アルファミュージック」何て言われてきたほど!
そんな排気音が標準装備です!家族と出かけるときには、できの良いスポーツワゴンとして、一人で走りたいときには貴方の相棒として。
「男」を忘れていないお父さんに、是非乗っていただきたい1台です!
もちろん、右ハンドルのオートマ車ですから、女性にも優しいアルファロメオです!安全やエコの呪縛によって
似たり寄ったりになってしまった昨今の車をみると、改めて156のデザインがカッコイイことが良くわかります。

是非、店頭にて、現車を見てください!156SWが貴方をお待ちしております。
PAGE TOPへ