トップページ > お客様の声
お客様の声
ここでは、当社でお車をご購入いただいたり、整備をお出しいただいている、愛すべきラテン車乗りのお客様をご紹介させていただいております。
年齢、性別、職業を問わず、「ラテン車最高!」という方達のご自慢の愛車をご覧下さい!
■メーカー名
ランチア ルノー フィアット プジョー シトロエン
アルファロメオ

トータル5件(1/1ページ)

<<前のページ || 次のページ>>

2014/9/25 ランチア 94年 デルタHFインテグラーレEVO供H 様

↑クリックで拡大します。
若きデルタオーナーが誕生しました!

今まで大型バイクに乗っていたH様、初めての愛車がランチアデルタ!しかも、ワンオーナー、車庫保管、走行2.2万km!

もちろん、当社の販売価格も近年希に見る高額車両・・・。

今だから言えますが、最初は私が不安になってお断りしようかなと思っていたところ、実は、デルタへの思いが半端ではないことがわかり、それならトコトン付き合いましょう!ということで御購入を頂きました。

数年前からデルタを手に入れるべく、ちゃんと貯金をされていたという、今時堅実なH様に感動!納車整備にもついつい力が入ったのは言うまでもありません!

ワンオーナー、2.2万kmと聞けば「なんだよ、直ぐに乗れるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、20年で2.2万kmと言えば、動いてなかった時間がほとんど・・・。車は動かさなくても、いや動かさないと痛んでしまいます。

入庫時にはプレッシャーレギュレーターの不調でエンジンの調子が悪かったり、燃料系はフューエルポンプから始まりセンダーユニット、ホース、フィルター、デリバリーパイプ、インジェクター・・・ほとんど交換をさせて頂きました。お陰でエンジンの始動も見違えるほど良くなりエンジンも軽く吹け上がる、文字通り2.2万kmのエンジンの本領が発揮できるように復活しました!

あまり乗られていなかったことで、燃料系に不調を抱えていましたが、ボディ剛性や内装・外装は、やっぱり2.2万km!運転席も定番のアルカンタラの痛みもほとんどありません!

個人的にはここまで良い状態だと乗るのがためらわれてしまいそうですが、H様、そこは気にせずにガンガンデルタを楽しんでくださいね!

やっぱり若者は、こういう車に乗らないとね!

一緒にコンディションを維持していきましょうね!
2011/8/29 ランチア      91年 ランチアデルタHFINT16V      O 様

↑クリックで拡大します。
 先日、新しいデルタオーナーが誕生しました!

今回のお客様は、息子さんが免許を取得されたのを機に、家の車をデルタに買い替えをされたO様親子のご紹介です。

実は、お父様は、以前に一度、INT16Vに乗られていらっしゃいました。でも、残念なことに、そのときは心半ばで手放されたとの事。当時息子さんはまだ幼稚園児。でも、そのときの光景を、はっきりと憶えていらっしゃって、自分が車に乗れるようになったら、必ずデルタを手に入れる!と、そのときに誓ったそうです!

そして時が過ぎ、念願の運転免許を取得!これで、憧れのデルタに乗る準備は整いました。

そして、就職の目処がついたタイミングで、まずは車探しを開始。そして、当社にお越しいただきました。

そして、熱心に話しを聞かれ、意中のデルタが入庫するのをお待ちいただきました。実は一度、タッチの差で、16Vを逃していたので、今度は、お父様と一緒に御来店をいただき、決めていただくことに!

入庫したデルタ16Vは、前オーナーが購入されたときに、かなりの整備を実施されていた個体で、それから5年以上が経過していたので、整備は多岐に渡って必要な状態でしたが、荒れた車ではなかったので、ベース車両としては、良い個体といえました。

そして、納車までには、随分お時間を頂きましたが、良いコンディションにリフレッシュすることができました。

これがデルタ2台目になるお父様は、「やっぱりこのブリスターフェンダーでしょう!」とのこと。私と年齢も近いだけに、やっぱりブリスターフェンダーは刺さりますよね!

そして、幼稚園の時の誓いをはたし、念願のデルタオーナーになった息子さんは、「とにかく、デルタの全部が好きです!」と、「デルタLOVE」全開です!

これから末永く、デルタを楽しんでいただきたいですね!

ロッソコルサも頑張ってサポートさせていただきます!

2012/7/14 追記

その後、ホイールをレイズの軽量ホイールに変更!

PCD100をスライドボルトにて取り付けいたしました。

実は、結構大変でした・・・。

でも、16Vに、かなり似合ってます!
2011/6/20 ランチア      93年 ランチアデルタHFEVO機     O 様

↑クリックで拡大します。
2003年12月に納めさせていただいてから早7年!

納車時3.6万km弱という低走行だったEVO気癲△茲Δ笋6万kmを越えたところ。

それでも、さすがに外装の劣化は否めず、ここ数年リフレッシュのお話をさせていただいていたのですが、今回、ついに全塗装を実施!

ボディを綺麗にするのは勿論ですが、今回は、ホイールも塗っちゃいました!

オリジナルのアルミホイールは、デザインがお気に入りで交換は考えていらっしゃらないとのこと。それなら、別の色にして、自分だけのオリジナルでいこう!ということに。

以前デモカーでもお世話になった、パウダーコーティングで有名な「カドワキコーティング」さんに御願いしました!

そして、ボディカラーにも拘って、アウディR8の「赤」をリクエスト!ほんの数%ですが、パールが入っていて、見る角度で若干色の変化が楽しめます。ボディ塗装に関しても、仕上がりを重視して、ガラスやドアノブなど、外せるものは外しての作業を。お陰で、近くで見ても、その仕上がりは最高です!

まるで2011年モデルと言えるほど、綺麗にリフレッシュされたEVO!これからも、まだまだこいつと付き合っていきますよ!という、Oさんの思いが伝わってきました!

今回、ボディのリフレッシュだけでなく、一緒に足廻りもリフレッシュされて、ますますEVO気望茲襪里楽しくなりますね!

カメラ越しに見たEVO気蓮∨榲に喜んでいるように見えました!

旧い車に手を入れながら大切に長く付き合っていく。これこそ、本当の「エコ」と言えるんじゃないでしょうか?

また1台、幸せな車が増えましたね。

Oさん、ロッソコルサも、とことんお付き合いをさせていただきますよ!
2010/10/22 ランチア   99年 ランチアイプシロン エレファンティーノ ROSSO      S 様

↑クリックで拡大します。
 2011年を迎えると、Sさんとのお付き合いも、丸10年を数えることになります。

最初にお取引をさせていただいたのがアルファロメオ75T・S、それも希少な「黒」!当時乗られていたプジョー309GTIから現在のイプシロンに乗り換えられるまでに、75T・Sでご自分が走った距離は10万kmを越えていました!

とにかく、お仕事柄、地方へ行かれることも多く、どこでも車で行かれるので、本国ヨーロッパ並の走行距離になるんですね。もちろん、メンテナンスはしっかり実施されていましたから、下取り車として当社へお返しいただいたときには14万kmに届くほどの走行距離でしたが、まだまだ元気に走れるコンディションを維持されていました。

約3年半前に乗り換えていただいたイプシロンも、75以上に活躍してくれていて、4.6万kmだった走行距離も、すでに11万6千kmに到達する勢いです!

元々小さい車も大好きなSさん、1.2Lながら、高速でもしっかり走ってくれるイプシロンには大満足!なにより、75と比較してもほぼノントラブルで、ランニングコストが大幅に下がったそうです!でも、良く「当たり・外れ」なんて言葉で片付ける人がいますが、これはSさんがラテン車の扱いを心得ていらっしゃるのと、ちゃんとメンテナンスを怠らなく実施をされていることに尽きると思います。偶然とか運が良かったからではありません。
 
さて、このイプシロン、ちょっと変じゃありませんか?気づいた方はかなり詳しい方!

実は、納車時に元々レッドだった塗装が痛んでいたので、全塗装をさせていただいたのですが、そのときに、Sさんのご希望で、アルファロメオ156GTAにあるマジョーラカラーの「ヌゥボラレッド」にしたんです!まさに世界に1台のイプシロンなんです!

そして、どこか75にも通じるボディの真ん中を貫くウエストライン。エンリコフミヤのデザインは、実車にするのは難しいと思われるほどでしたが、さすがイタリア人!最初のデザインとかわらぬ形で世に送り出したのですね!

とても11万kmを走破した車には見えないSさんのイプシンロン。

まだまだSさんの良き相棒として、元気に走ってくれることでしょう!
2009/10/1 ランチア        92年 ランチアデルタHF EVO機       N 様

↑クリックで拡大します。
 某国産車メーカーに勤務されているNくん。このEVO気鮗蠅貌れたのが21歳のときというから驚き!しかも、これが2台目のマイカーということで二度ビックリ!今の若者も捨てたもんじゃありませんね!

でも、Nくんがお金持ちのボンボンで、お金にものを言わせて買ったわけではありません。それが証拠に、自分で出来ることは自分でやるのが心情!スポット増しからロールゲージ取り付け(溶接で!)、前置インタークーラーにツインオイルクーラー、LSD組み込み!自分で作ったデルタといっても過言ではありません。

サーキット走行もこなすNくんですが、何と、サーキットデビューしてまだ2年とちょっと!メキメキ速くなって、当社走行会やレースイベントでも常に上位を走るポテンシャル!でも、以前FSWレーシングコースのストレートでエンジンブローを経験。新品エンジンに載せ換えてからは、さらにモディファイを進めています。

昨年末、マルティニカラーから、念願の「インプレッサブルー」に全塗装!

ゴールドの17インチ軽量ホイールもゲット!かなり決ってます!

2012/7/14 追記

あれからさらに進化を遂げているNくんのEVO!
ついに、エンジンパワーは300PSを超えました!

でも、長く、そしていつでも乗りたいからロールゲージを外して、リアシートを装着。
エアコンも、コンデンサーだけではなく、当社オリジナルエバポレーター1号を装着してガンガンに冷えるエアコンもゲット!

まさに「街乗りからサーキットまで!」仕様になりました!

トータル5件(1/1ページ)

<<前のページ || 次のページ>>

■メーカー名
ランチア ルノー フィアット プジョー シトロエン
アルファロメオ
PAGE TOPへ