フィアット パンダ1.1 ホビー

〈2001年式〉〈走行距離152,650km〉〈1100cc〉〈車検2年付〉

78.7万円(諸費用込み)
車両本体価格 66万円

整備費用を含む詳細はこちら >

基本情報

年式 2001(平成13)年式
走行距離 152,650km
車検 2年付き
車輌 新車平行車
ホワイト
リサイクル区分 済別
排気量 1100cc
ミッション 5速マニュアル
ハンドル
駆動 2WD
燃料 ガソリン
修復歴 なし
車台番号下3桁 755

購入パック お見積り

(非課税項目)(課税項目)
基本パック支払総額
786,200円
買い方選べる「ABCパック」
Aパック
(基本パック+整備11万円)
支払総額
896,200円
Bパック
(基本パック+整備22万円)
支払総額
1,006,200円
Cパック
(基本パック+整備33万円)
支払総額
1,116,200円
自動車税36,300円
(令和2年4月登録の場合)
車両本体価格600,000円
ナンバ-代1,450円 基本整備料金0円
登録印紙代700円 登録手数料25,000円
車検印紙代2,000円
重量税25,200円  
自賠責保険料22,210円  
リサイクル料金10,840円 課税項目合計625,000円
非課税項目合計98,700円 消費税62,500円

*整備内容をお客様のご希望でお選びいただけるように整備の「濃さ」「深さ」によって3段階でお選びいただけるようにいたしました。
詳細は担当の吉富までお問い合わせください!

車輌画像

クリックまたはタッチすると拡大されます

車輌詳細情報

FIAT PANDA 1.1 HOBBY

01年式 車検2年付き ホワイト 走行距離 152,650km 新車平行車

装備:
5速 CDデッキ クーラー PW 集中ロック 社外リモコンキー 電動キャンバストップ ETC

※稀少、高年式のホワイト!
※当社仕入れ・整備・販売・管理車両!記録簿多数あり!
※電動キャンバストップ、新品アッセンブリー交換済み!
※納車整備付(24ヶ月点検+α)
※保証付(1ヶ月、3,000km)

【車輌データ】

*正規輸入車のスペック
全長(㎜):3,405 全幅:1,510 全高:1,485 ホイールベース:2,165
トレッド前/後(㎜):1,260/1,260 最低地上高: 
車両重量(kg):740 車両総重量:
乗車定員(名):4 トランク容量(L): 最小回転半径(m):
新車価格(円):1,450,000円(税抜き)

【エンジンデータ】

種類:水冷直列4気筒SOHC 総排気量(cc):1,108 
ボア×ストローク(㎜):70.0×72.0 圧縮比:9.6:1 
最高出力(ps/rpm)(DIN):50/5,250
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):8.6/3,000 
燃料タンク容量(L):40 駆動方式:FF
ミッション形式:5速マニュアル タイヤサイズ:155/65R13

整備内容

  • 法定24ヶ月点検一式
  • 下回り点検・締め付け
  • ブッシュ
  • ブーツ
  • マウント類点検
  • タイミングベルト
  • テンショナ-
  • ク-ラ-ベルト
  • オルタネ-タ-ベルト
  • ウォーターポンプ点検
  • エア-エレメント
  • プラグ点検
  • ブレ-キ廻り分解・点検
  • ミッション駆動系点検
  • 足廻り・操舵系点検
  • 各種ホース類点検
  • 油脂類点検(エンジン、ミッッション、ブレ-キ、冷却水)

お店からひと言

 昭和から平成にかけて、日本で長年愛されてきたイタリア車と言えば、やはりフィアットパンダが頭に浮かびます!

 現在では3代目にモデルチェンジをして、まったく別物になったパンダですが、我々にとって「パンダ」と言えばやっぱりこのパンダ!現代の車が環境性能や安全性ばかりのつまらない車になってしまった今、色褪せるどころか、さらに魅力的に映ります!

 環境問題や安全性能が大切ではないとは言いませんが、我々は、それだけでは満足できません!
 個性的なデザインや、数値では表せない楽しさこそが、愛車選びで一番重要だと思うのです。

 現車は、正規輸入が終了したあとに、ごく一部の平行業者が直接輸入した車です。エンジンやスペックは、正規輸入車と変わりませんが、名称が「ホビー」と言います!確かに、1分の1のオモチャかもしれません、うまいネーミングです。

 新車平行車ですが、クーラーやパワーウインドーはもちろん、集中ロックまで装備!多分、日本に入ってから装着されたであろう「電動キャンバストップ」まで装着されています!やはり、前オーナーさんは、パンダにはサンルーフ!と思われたんでしょうね、その気持ちすごくわかります。
 ただし、残念なことに、当社に入庫した時点では、せっかくのキャンバストプは壊れていてモーターが外され開けることができませんでした。どうしたものかと悩んだあげく、キャンバストップの輸入元に相談、取り扱い店を紹介いただき、日本に唯一の在庫を譲って頂けることに!思い切って、新品のキャンバストップに丸ごと交換しちゃいました!

 以前装着されていたのが「CLASSIC」というタイプでしたが、今回は「DELUXE」!開閉もワンタッチで自動!
 さらに、任意のポジションを2パターンメモリーができ、ワンタッチで自分好みの位置に開けることができます!全交換でしたから、工賃を含めて20数万円以上の費用が掛かってしまいました。
 これで悩みも解消して得意の「攻めの整備」で骨の髄までパンダを楽しんでいただけるコンディションにいたしました!

 前オーナーさんは高速移動が多く年間で1万km以上をコンスタントに走られていました。納車時にお話をさせていただいた整備に対してもきっちり実践をしていただいたお陰でエンジンもすこぶる絶好調です!

 直近ではラジエーター交換をさせていただき15万kmとは思えないコンディションだと自負しております。タイミングベルトやウォーターポンプも交換済み!前オーナーさんが購入後に受けていただいた12ヶ月点検、24ヶ月点検の記録簿もあります!ここまでしっかりと手の入った最終モデルのパンダはなかなかありません!

 高年式では珍しい「ホワイト」のボディがチープシックなパンダには良く似合ってます!シンプルなパンダだからこそ、メンテナンスの結果がダイレクトに体感できます!

 中途半端なコンディションでは、本来のパンダを味わうことは出来ません。
 パンダにはパンダの「ツボ」がありますのでそこはロッソコルサに、全面的にお任せ下さい!