アバルト500 esseesse

〈2009年式〉〈走行距離31,620km〉〈1400cc〉〈車検 令和2年5月30日〉

売約御礼!

整備費用を含む詳細はこちら >

基本情報

年式 2009(平成21)年式
走行距離 31,620km
車検 令和2年5月30日まで
車輌 新車平行車
グレー
リサイクル区分 済別
排気量 1400cc
ミッション 5速フロアマニュアル
ハンドル
駆動 FF
燃料 ガソリン
修復歴 なし
車台番号下3桁 335

購入パック お見積り

(非課税項目)(課税項目)
基本パック支払総額
1,333,950円
買い方選べる「ABCパック」
Aパック
(基本パック+整備11万円)
支払総額
1,441,950円
Bパック
(基本パック+整備22万円)
支払総額
1,549,950円
Cパック
(基本パック+整備33万円)
支払総額
1,657,950円
自動車税17,200円
(令和1年9月登録の場合)
車両本体価格1,200,000円
(キャンペーン期間中9/30まで)
ナンバ-代1,440円 基本整備料金0円
登録印紙代500円 登録手数料0円
(キャンペーン期間中9/30まで)
車検印紙代
重量税  
自賠責保険料  
リサイクル料金18,810円 課税項目合計1,200,000円
非課税項目合計37,950円 消費税96,000円

*整備内容をお客様のご希望でお選びいただけるように整備の「濃さ」「深さ」によって3段階でお選びいただけるようにいたしました。
詳細は担当の吉富までお問い合わせください!

車輌画像

クリックまたはタッチすると拡大されます

車輌詳細情報

ABARTH 500 esseesse

2009年式 車検満期日:2020年(令和2年)5月30日 グレー 走行距離31,620km 新車平行車 

装備:
左ハンドル 5Fマニュアル FULL 助手席エアバック ナビ・TV(バックカメラ付き) ETC ABCペダル ESP(ASR/MSR/HBA) 盗難防止システム FPS(火災防止装置) 集中ドアロック リモコンキー 社外本革巻きステアリング(ナルディ・パンチングレザー・レッドステッチ) レカロセミバケットシート(レッド/フロント2脚)17インチ純正アルミホイール 前後レッドキャリパー  デイライト フォグランプ リアスポイラー ローダウンスプリング 2本出しリアサイレンサー BMC高効率エアクリーナーエレメント 

※2オーナー車!
※タイミングベルト・ウォーターポンプ交換済み!
(平成28年9月15日/11,909km時/記録簿あり)
※取扱説明書・記録簿あり!
※納車整備付(12ヶ月点検+α)
※保証付き販売(1カ月、3,000km)

【車輌データ】

全長(㎜):3,655 全幅:1,625 全高:1,515 ホイールベース:2,300
トレッド前/跡(㎜):1,415/1,410 最低地上高:--- 
車両重量(kg):1,110 車両総重量:1,330
乗車定員(名):4 トランク容量(L):--- 最小回転半径(m):---
新車価格(円):2,950,000円(税抜き)

【エンジンデータ】

種類:直列4期筒DOHC16バルブインタークーラー付きターボ
総排気量(cc):1,368 
ボア×ストローク(㎜):72.0×84.0 圧縮比:9.8:1 
最高出力(ps/rpm)(DIN):135/5,500
最大トルク(kgm/rpm)(DIN):18.4/4,500 燃料タンク容量(L):35 
駆動方式:FF
ミッション形式:5速フロアマニュアル
タイヤサイズ:195/45R16
*上記データは標準仕様のものになります

整備内容

  • 法定12ヶ月点検一式
  • 下廻り点検・増し締め
  • エンジン点検調整
  • タイミングベルト類及びテンショナー類点検
  • ウォーターポンプ点検
  • ブレ-キ廻り分解
  • 各ブッシュ
  • マウント
  • ブ-ツ類点検
  • 足廻り点検
  • 駆動系点検
  • 油脂類点検(エンジン、ミッション、ブレ-キ、冷却水)

お店からひと言

 イタリア車の中でも今一番熱いABARTH500が入庫しました!しかもチューニングバージョンの「esseesse」です!

 現車は新車平行にて輸入された「本国仕様」!もちろん左ハンドル・5速マニュアルのロッソコルサの大好物です!実際に乗り込んでみると慣れ親しんだ左ハンドルがしっくりきます!ブーストメーターも見やすい位置にあり足元もフットレストもちゃんと機能していて操作性がバツグンですね!

 このアバルト、最初のオーナーさんが色々手を入れていらっしゃってバックモニター付きのナビ・TVやETCが装着されています。これを後から取り付けるとなれば数十万円はかかります。またノーマルのシートだと173cmの私でも着座位置が「もう少し下がればいいのに・・・」とおもってしまいますが、何と贅沢にも「RECARO」の真っ赤なセミバケットシートが運転席と助手席に取付されています。サポートがかなり良くなっているのは当然ですが着座位置が下がってかなり良いポジションに改善されています、これは本当に嬉しい!

 やっぱりスポーツカーはシートポジションが良いに越したことはありません。

 年式は初期モデルになりますが走行距離が少ないことや前2名のオーナーさんが荒く乗っていらっしゃらなかったのでボディもしっかりしていて17インチをキチンと受け止めてくれます。
 さらに「esseesse」ですからパワーもアップされていて「SPORT」モードにすればアクセルレスポンスもあがって気持ちの良いドライブングも楽しんでいただけます!ここは現在の車ならではの嬉しい装備ですね!
 最近ではステアリングを交換される方は少ないと思いますがナルディのパンチングレザーにレッドステッチが施された小径ステアリングが装着されています!真ん中には往年の「サソリ」のマークが入ったホーンボタン!こういうところはおじさんにはグッときちゃいます!

 ちょっと前にマイナーチェンジを受け手一つ前のモデルになった初代ABARTH500ですが、個人的にはテールランプなどのデザインも含めて前期モデルのほうが「らしく」見えます。もちろん、そこは好みで選んでいただければ良いことですが。

 現車は現在、何も問題のないグッドコンディション!

 消費税の上がる前に是非、ゲットしてください!

 最新のABARTHもロッソコルサにお任せ下さい!